会計基礎知識研修(広島)


開催
2008/06/18  
地区
西日本
公開日: 2008年6月18日 17:37
 
簿記の基礎知識と仕訳や試算表の作成など、日々の業務から月次処理まで、会計の基礎を習得する一日コースです。奮ってご参加下さい。
 
日 時 2008年06月18日(水) 10:00〜17:00
会場 株式会社パルウェーブ セミナールーム
広島市中区上八丁堀8-8-36 第1ウエノヤビル2階 TEL082-221-5771
カリキュラム ◎簿記の基礎
簿記とは
簿記と会計期間
簿記の5要素
貸借対照表と損益計算書
純損益の計算

◎日常の手続き(1)
勘定科目とは
仕訳の作成
取引の二面性とは    
仕訳のルールをマスターしよう
実際に仕訳をやってみよう
複雑な仕訳をマスターするためのコツ

◎日常の手続き(2)
簿記の転記
いろいろな帳簿
仕訳帳と総勘定元帳
勘定の締め切り
試算表の作成
定 員 16名 (会員会社様優先、先着順受付)
参加費 会員\1,500/名(テキスト代として) 一般\3,500/名(テキスト代込み)
申込〆切日 2008年6月10日(火)
申込方法 FAXまたは下記よりお申し込みください。
お申込みこちらからお申込いただけます
※定員になり次第締め切らせていただきます。

*上記に関するお申込み/お問い合わせ
日本ビジネスコンピューター株式会社内
西日本JBCCユーザー会 事務局 担当:尾中
TEL.06-6350-5030
E-mail:jbcc-eisui@web.jbcc.co.jp



 
 

   

 

 

テーマの通り、簿記を基礎からバッチリ学習していただきました。簿記とは、から始まり、なぜ簿記が必要か、についてわかりやすくご説明いただきました。仕訳から損益計算書/貸借対照表の作成まで一連の流れをご理解いただけたと思います。今回は会計基礎知識研修ということで、はじめの一歩からの研修になりましたが、受講された方々からは次のレベルを希望される声もありました。

<参加者アンケートより>
  ・基礎知識からわかりやすく理解できたと思う。
・簿記は会社のどんな業務にも必要だと思った。
・独学ではわからない部分が多いので今回教えていただいて理解できました。
・損益計算書や貸借対照表を使った会社の状態の見方を知ることができたと思います。

今回は広島での開催でした。