早春セミナー


開催
2009/02/05  
地区
九州
公開日: 2009年2月 5日 17:38
 

京都議定書において6%の温室効果ガス削減を義務付けられて以降、わが国では省エネ努力が叫ばれて参りましたが、それに反してITに起因するエネルギー消費量は増加の一途をたどっています。現時点では具体的規制が課せられるには至っていませんが、企業は自発的な取組みにより省エネを実現することが強く望まれています。また、地球温暖化防止の面から語られることの多い「グリーンIT」ですが、今年の早春セミナーでは「コスト削減」の観点からも光を当てて実際の取組みやその効果をご紹介したいと思います。ご多忙中とは存じますがぜひご参加を賜り、このセミナーが貴社の経営の一助となることができますよう祈念しております。
また、セミナー終了後、会員の皆様の意見交換の場としてご活用いただきたく「懇親会」を予定致しております。セミナーとあわせてご参加を賜りますよう、ご案内申し上げます。

日 時 2009年2月5日(木)
講演会 15:00〜17:10(受付開始:14:45)
懇親会 17:15〜18:30
場 所 セミナー:日本IBM福岡事業所
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-29九勧博多ビル
(JR/福岡市営地下鉄 博多駅博多口 徒歩5分)
会場地図はこちら

懇親会:デュークスホテル
JR/福岡市営地下鉄 博多駅博多口 徒歩5分
会場地図はこちら

内 容
『コスト削減の手段としてのグリーンIT』

地球温暖化対策としてのグリーンITは、同時にコスト削減に絶大な効果を
及ぼします。この不況のさなか、一石二鳥のこの秘策を実施しない手はあ
りません。取組みの最前線の情報をご紹介いたします。

日本アイ・ビー・エム株式会社 グリーン・イノベーション事業推進
岡村 久和 氏


『300台から4台に 〜先進技術を駆使したサーバー統合の実例〜』

グリーンITを推進している企業は、どのような技術を用い、どのようなことを
行っているのか。JBグループでの試みをご紹介し、その具体的な効果につ
いて実際に統合を進めた責任者自身がお話しいたします。

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社 先進技術担当 浜口 昌也


参加費 会員 無料
一般 \4,000/人(セミナーのみご参加の場合は無料です)
*「1月度九州JBCCユーザー会行事参加費」として領収証を発行いたし
ます。
定 員 40名(先着順にて承ります)
申込方法 お申込お申込はこちらから
*定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

*上記に関するお申込み/お問い合わせ
日本ビジネスコンピューター株式会社内
九州JBCCユーザー会 事務局 担当:田中
TEL 092-431-4063



 
 

   

 

 
今回の早春セミナーは、今、多くの方が関心を持たれているCO2削減等、グリーンITについて行いました。
IBMさんのセッションは、いつものITの話から少し離れて、「低炭素化社会実現」についての講演でした。セミナーには、様々な業種のお客様が来られていましたが、どの方も関心を持たれていて、それを自身の会社でどのように実現していくかが課題のようでした。
JBCCのセッションでは、グリーンITを推進している企業として、300台のサーバーを4台に統合した技術と効果をその責任者自らがお話し、こちらもお客様の関心を集めていました。


会場 : IBM福岡事業所、デュークスホテル


 
   
  セミナー風景  


     
   


     
     



報告:九州JBCCユーザー会事務局