女性向けセミナー「社内のコミュニケーションを円滑にするアサーティブネス」


開催
2011/10/18  
地区
東日本
公開日: 2011年5月14日 10:08

イベント詳細

  脳の構造から見ても、女性は男性よりもコミュニケーション能力に すぐれた資質をもっていると言われています。 共感し、協力し、助け合うことの基となるコミュニケーション技法に、 さらに磨きをかけていきましょう。 今日本は、政治、経済、生活環境と問題が山積して、どこから手を つけていいかわからない重い閉塞感に覆われています。 こんなときだからこそ、私たち女性の活躍が期待されているのです。 セミナーでお目にかかれることを、楽しみにしております。

企画担当委員

株式会社三宝
 代表取締役社長 藤塚 真也子 様

日時 2011年10月18日(火) 13:30~17:30
会場 日本アイ・ビー・エム株式会社  丸ビルオフィス

〒100-6318
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング18F
TEL: 03-6667-1111 (IBMグループ番号案内)

東京メトロ丸の内線 東京駅地下道直結
東京メトロ千代田線 二重橋前駅7番出口 徒歩2分
都営三田線 大手町駅D1出口 徒歩3分

20111018e_2.JPG

内容(AGENDA)

◆講義/実践:  13:30~16:30
   ・アイスプレイク(自己紹介)
    ・今日のプログラム説明
    ・なぜあの人のいうことは通じるのか
   ・アサーティブ手法とは
   ・簡素な考え方ポイント
    ・多様な相手と交渉する(ロールプレイ)
   ・まとめ・今後の課題
◆参加者コミュニケーション  (Tea Time)   16:30~17:20
    受講後の感想などグループに分かれてお話しいただく時間です。

対象 女性社員ならどなたでも。
ただし、マネージャー(管理者)対象・育成コースではございません。

定員 30名様
  ※先着順とさせていただきます。
  ※1社2名様まで (3名様以降はキャンセル待ちとさせていただきます)
参加費 会員:無料  一般:¥3,000
講師 櫻井 直子 氏   日本光悠社 所属
  ・経歴:多くのVIPクラスのインタビューやホテルでのブライダル司会を
      通じて、短時間でクライアントと信頼関係を築く心理技術を習得。
     現在は実践心理学NLPを応用したコミュニケーション、サービス、
     マナー等に関する社会人向け教育や講演を開催。

 ・実績:NHKリポーター、富山テレビ、テレビ和歌山アナウンサー。
     朝日放送ラジオ「大学放送公開講座」、ラジオ大阪、びわ湖放送

申込方法 10月12日(水)までにこちらよりお申し込みください。
*定員になり次第締め切らせていただきます。

お問い合わせ
上記に関するお申込み/お問い合わせ
日本ビジネスコンピューター株式会社内
東日本JBCCユーザー会事務局 担当:児島/中尾
TEL:03-5714-5333
Email: julink@web.jbcc.co.jp
日時 2011年10月18日(火) 13:30~17:30
参加人数 14社22名
実施コメント

今回はまわりの人と上手にコミュニケーションを行うために、相手との衝突を避けつつも自分の意見をしっかりと伝えるアサーティブネスの方法を学びました。
講義を聴いてグループディスカッションを行ったり、ロールプレイングで実際にやってみるなど参加者の皆さま参加型のセミナーでした。
櫻井直子先生の実体験や実例を取り入れられたご説明はわかりやすく、グループ間の話し合いのときにも色々とアドバイスをいただきながら、講義と実践の時間を細かく区切ってメリハリをつけてすすめていただきました。  
美味しいスイーツをいただきながら、女性同士ならではの積極的な意見交換や笑い声、たくさんの笑顔があふれる活気のある場となりました。
そのため、満足度(NSI値) 92.0ポイントという高評価をいただきました。 

参加者の皆さまはそれぞれに置かれている状況や考え方・問題は異なっているのでしょうが、今回のセミナーで学ばれた「アサーティブネス」の考え方や手法が少しでもお役に立てば幸いです。

また、今回のセミナーを企画いただいた株式会社三宝の藤塚社長が、活発に意見を交わされる皆さまの様子を終始微笑みながらご覧になっている様子も印象的でした。

満足度(NSI値) 満足度(NSI値) 92.0ポイント 
アンケートコメント

●Q1=セミナーの感想

・コミュニケーションは理解しているようで難しいことなので、円滑に人間関係をすすめるためにもアサーティブネスというのは会社内にとって有効だと思います。
話を聞くだけでなく実践してやったことでよりわかりやすかったです。

・聞くだけのセミナーではなく、ディスカッションの多いセミナーは初めてだったので緊張しましたが、終わってみると楽しくかつ勉強になりました。

・講義前半であった「意見の通る人」と「意見が通らない人」の違いで主張は同じなのに、言い方・伝え方でだいぶ印象が変わるものだと感じた。
また普段からの言い方が、一方的・威圧的なことが多かったことに気づかされた。

・社内での業務が多いので、このようなセミナーで他社の方とお話できる機会をいただけたことをすごくうれしく思います。


●Q2=セミナーで一番印象に残ったこと・役立ったこと・自社にフィードバックしたいこと

・本日のセミナーを通して相手に伝えることの大切さ、相手の意見を聞くことの大切さを改めて考えさせられました。
今後、仕事・私生活において一方通行のコミュニケーションにならないよう努力していきたいと思います。

・アイメッセージの大切さを知りました。
明日、さっそく会社で使ってみたいと思いました。
自分の話し方が変われば相手も変わってくれると信じたいです。

・お願い、要求ロールプレイングは実際の業務を題材にしたので、明日からでも使えると思います。

・コミュニケーションによって生じるストレスや人間関係。
少数の人だけが理解するよりは、多くの人が理解するほうがお互いの考えをより理解できると思うので、会社内で浸透できればと思います。

この他にもたくさんのコメントを頂戴いたしました。ありがとうございました。

 

写真

 20111018e_B.jpg
【櫻井直子先生】

20111018e_C.jpg
20111018e_3.jpg
【講義の様子】

20111018e_4.jpg20111018e_5.jpg

20111018e_6.jpg
【ディスカッション】

20111018e_7.jpg20111018e_8.jpg
【ロールプレイ】

20111018e_9.jpg
【株式会社三宝 藤塚社長】

20111018e_A.jpg
【「ベビーモンシュシュ」のケーキ】

お問い合わせ
上記に関するお申込み/お問い合わせ
日本ビジネスコンピューター株式会社内
東日本JBCCユーザー会事務局 担当:児島/中尾
TEL:03-5714-5333
Email: julink@web.jbcc.co.jp