【全国共通企画】社会貢献:『森の長城プロジェクト』~東日本大震災で被災した沿岸部に「いのちを守る森をつくる」~


開催
10/15(夜行)~10/17  
地区
全国
公開日: 2015年5月11日 17:37

イベント詳細

2015年度のユーザー会の新たな取り組みとして社会貢献を行う
「森の長城プロジェクト特別参加プログラム」提供いたします。

JBグループが参画している「森の長城プロジェクト」に会員様もJBCC社員と共に
ご参加いただけます!!
貴社CSRの参考に、個人のボランティア活動として積極的にご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。


上記に関するお申込み/お問い合わせ
JBCC株式会社内
東日本JBCCユーザー会事務局 担当:児島/中尾
TEL:03-5714-5261
Email: julink@web.jbcc.co.jp
 
★この企画の実施報告は今回企画に参加いただきました企業様にもご協力いただきました。
 
 実際の活動内容や参加しての所感を写真を添えて報告いただきました。
 また下部には事務局の報告も記載してますので併せてご覧くださいませ。
 

 株式会社M-TEC 様                                       

 弊社では社会貢献活動に興味はありましたが、これまでしたことがなく、また費用も考えるとなかなか踏み出せませんでした。
今回JBCCユーザー会様からお誘い頂き、参加費が安かったこともあり勉強を兼ねて参加させていただきました。

・実際に被災地を見て被害の大きさに驚かされました。
まだ復興に向けて工事中でしたが海沿いに広い公園がいくつもあり、震災前はそこに集落があったとは想像もできませんでした。
植樹作業はほこりまみれになりますがJBCCの皆様とひとつのチームになって作業をするのは非常に楽しかったです。
またそのチームワークの良さで広い空き地にあっと言う間に1000本植えた時はとても達成感がありました。
みんなで楽しみながら復興に貢献できるのはとても良い企画だと感じました。
またユーザー会のほかの会社の方とも仲良くなれたことも良かったです。

・今後参加検討される方へのメッセージ
独自に社会貢献活動をするよりも安く、面倒なこともなく、ユーザー会会員同士も仲良くなれる非常にお得な企画です。
今回は2社でしたが来年はもっと多くの会員の方と交流したいです。
ぜひご参加ください。

 ●1本、1本元気に育つように祈りながら植えました

MTEC15.jpg

 ●チームワークよく藁を運びました

MTEC23.jpg

 

  
  株式会社タカシマ 様

復興の為の手伝いをすると同時に、CSR活動をどのように行っているかを学ぶ為に参加させて頂きました。

ユーザー会としての参加でしたが、共に活動するチームの一員として、時に過酷に、時に楽しく過ごす事が出来ました。
また、以前の活動時の話を様々な方から伺う事で、継続して活動して行く事の意義も感じました。

40名二泊三日のボランティア活動と言う、中々無い経験が出来た上、運営を間近で見る事でCSR活動を行っていく為の指針を得る事も出来ました。

●「自分で植えた苗には愛着が湧きます」 

TAKASHIMAJBC3SR3.jpg

 

●「最初は藁を何に使うか分かりませんでした」

 

TAKASHIMAIMG_0618.jpg

 

 


【事務局報告】

10/15(木)夜11時 会員様4名と事務局+JBグループ社員約25名で
2泊3日(車中泊1泊含む)の被災地支援活動のため品川駅を
出発しました

そして 10/17(土)夕方 無事にそして達成感とともに品川に戻ってまいりました。

活動は現地集合のメンバーも加わり 43名で翌16日(金)の朝8:30には始まり
植樹する場所の草取り(1時間)、植樹する苗の仕分け(40分くらい)、植樹(30分くらい)、藁敷き(1時以上)とあっという間に午前中が終わり、昼食をはさみ他の企業が植樹した場所の草取り(1時間以上)を行うかなりストイックな活動でした。

作業後は活動地である「岩沼市」の海岸で被災された方々の慰霊碑にお参りし、
その時の状況となぜこの地に植樹を行うことにしたかの説明をいただきました。

活動終了後は、森の長城プロジェクトの事務局にも参加いただき 近くの「サッポロビール園」でおいしいビールをいただきながら交流&懇親を深めました。

翌日も8時30分にホテル出発し、1年前にJBグループが植樹した場所の草取りを午前中みっちり行い、岐路へつきました。

帰りの高速道路で福島原発事故の周辺である「浪江町」を通り過ぎるときに、
除染作業で出た山積みの
黒いビニール袋や道路封鎖の様子をバスの車窓から見て、今回の活動リーダー(JBグループ取締役)が「植樹の支援活動も重要だが、こうして被災した地区を実際にみて自分が感じ・考えることがもっと重要なのだ」との話をもらい、確かにそうだと感じました。

今回初めて JBグループのCSR活動にユーザー会会員も参加いただきましたが、
今後もこの活動を続けていく予定です。
ぜひ皆さまもこのプログラムにご参加くださいませ。