【東日本ユーザー会】「おもしろいほどわかる決算書実例講座」


開催
7/28  
地区
東日本
公開日: 2015年6月 4日 10:39
 

 

日時 7月28日(火) 14:30~17:30 <終了後懇親会1h> 
参加人数 14社20名様
実施コメント

もはや恒例企画として定着した感のある柴山先生の会計セミナーですが、今回も柴山先生の軽快な話術で「あっという間でした!」と感想をいただく活気ある講座となりました。

財務諸表の読み方や財務分析指標の読み方などいかにも専門的な内容も、クイズや実例を交えた説明でスムーズにご理解いただけたのではないかと思います。

また、経済データの読み方はニュースの裏側や日本経済の実態など興味深い話も取り入れて説明いただき、たくさんの知識を楽しみながら知ることができたセミナーだったと思います。

セミナー終了後の懇親会にも先生にもご参加いただき、セミナーテーマ以外での話題も盛り上がりました。

満足度(NSI値)
【NSI値】
セッション1:業界による決算書の特徴(BS、PLを読み解く)  →91.7
セッション2:代表的な財務分析指標                →81.9
セッション3:経済データの読み方                   →87.5
アンケートコメント

【アンケートコメント】 (一部抜粋)
<全体>
・決算書と言われると難しいイメージがありましたが、今回講座を受けて色々勉強していきたいと思いました。継続して勉強していきたいと思います。

・業界ごとによる決算書の見え方が大変勉強になりました。

・決算書の見方が変わりそうです。イメージでとらえられるようになりました。

・大変勉強になりました。楽しい講習内容でした。社員にも参加させたい内容です。

・短い時間にもかかわらず、ポイントをおさえた説明をしていただけたのでとてもわかりやすかったです。ただ講師の方が少々早口で聞き取れないことがあったのが残念でした。

<印象に残ったこと、フィードバックしたいこと>
・自社のBS、PLしかまともに見ないので最初の会社をあてるゲーム、その解説はとても役に立ち視野が広がりました。日経新聞の話も同じく、普段見ないところの話が聞けて興味深かったです。

・重要項目の見方・意味合いなどが今までと違った角度であったので斬新でした。

・自社の決算書を見てみます。お客様の決算書とのい違いなど気になっていた点がよくわかりました。

・<PL→粗利><BS→債権/棚卸資産>という情報は初めて知りました。本日の大きな収穫でしょう。BS資本のpast・present ・futureに関しても良い情報でした。

・経済データの読み方はいただいたコピーにふせんをつけて回覧したいと思いました。(こんな風に見るとためになる!と説明書きして。)

写真  
20150728_1.JPG
20150728_2.JPG
いつも人気の高い柴山先生!!

 グループワークにて決算書の数字だけで、業界を判断するクイズ
→各業界のご参加者様の白熱したディスカッション!

 
20150728_3.JPG
20150728_4.JPG
グループで「決算書あてクイズ」に挑戦!
 →最高成績は5問中3問!!
各グループの代表者の方に、解答理由をご発表いただきました!
お問い合わせ

上記に関するお申込み/お問い合わせ
       JBCC株式会社内
       東日本JBCCユーザー会事務局 担当:児島 
       TEL:03-5714-5261
       Email: julink@web.jbcc.co.jp