プレゼンテーションテクニック講座(東京)


開催
08/07  
地区
東日本
公開日: 2019年4月10日 14:02

イベント詳細

毎年ご好評をいただいております 「プレゼンテーションテクニック講座」 を、今年もご案内いたします。
プレゼンテーションスキルは、ビジネスパーソンとして必要不可欠なスキルであるにもかかわらず、苦手意識を持つ方もたくさんいます。そんな方に、「伝える」ことの面白さや、「伝わる」ことの楽しさを知っていただき、これからのビジネス人生を豊かなものにしていただきたいと、名物講師 板垣が熱弁をふるいます。実践ですぐに使えるワザも伝授しますので奮ってご参加ください。

日時 2019年8月7日(水)13:30~17:50 (開場13:15~)
会場

JBCC株式会社 蒲田事業所 セミナールーム  
〒144-8721 東京都大田区蒲田5-37-1 ニッセイアロマスクエア15F  
TEL(03)5714-5261

 会場へのアクセス

内容(AGENDA)

ビジネス・コミュニケーションの手段として 効果的なプレゼンテーションの方法を理解する

         ・プレゼンテーションとは何か

         ・プレゼンテーションの基本的構造を理解する

         ・効果的なプレゼンテーションのプログラム立案の仕方

         ・説得力のあるプレゼンテーションとは

         ・ワークショップ:プレゼンを組み立ててみる

【参加者の声】  
 ◎板垣さんの話は心に響きました。 
 ◎非常に丁寧な対応をいただきました。セッション内容もわかりやすかったです。  
 ◎講座の中で実際にやってみる課題が多く、やってみることで気づくことも多かった。  
 ◎自分が一方的に話すだけでなく、アイコンタクトや相手の反応を踏まえた、行動を起こしてもらえるプレゼンの方法を学べたことがよかった。  
 ◎プレゼンは熱意・情熱という話がとても印象的でした。 
 ◎セッション、ワークショップを通じて学んだポイントを実践してみます。

講師 photo_01_2.jpg

板垣 清美 (いたがき きよみ)

日経コンピュータ誌の特集「ITコンサル徹底調査」でIT部門から評価されるコンサルタント13人に選ばれた経歴を持つ。IBM iサーバーの魅力を語る姿は多くの人を惹きつけ、そのプレゼンテーションスキルを活かしてJBCCの社内研修の講師も務めている。

定員

16名 (先着順にて受付)
*1社につき3名様までのお申込みとさせていただきます

対象 若手社員~中堅社員
参加費 会員:無料
一般:お一人様¥5,000
ご案内チラシ 20190807プレゼンテーションテクニック講座案内状.pdf
お問い合わせ
上記に関するお申込み/お問い合わせ
JBCC株式会社内
東日本JBCCユーザー会事務局 担当:川上・高野
TEL:03-5714-5261
Email: julink@web.jbcc.co.jp
日時

2019年8月7日(水) 13:30~17:50

参加人数

10社14名

実施コメント

今年も多くのご要望をいただき、昨年と同カリキュラムでプレゼンテーションテクニック講座を開催しました。
まず、講師の板垣が「プレゼンスキルは持って生まれた能力ではなく、テクニックなので、努力で身に付けることができるものである。」とお話しし、視線、ジェスチャー、表情、姿勢などのテクニックを、そしてどのような点を意識すれば効果的なプレゼンができるのか、実際に身に付けやすいよう実践を交えてご紹介しました。

続いて、講座の前半で学んだプレゼンの組み立てにグループごとにチャレンジしていただきました。45分という短い時間のなかで、「誰に対してのプレゼンなのか」・「聞き手にどういう行動をとって欲しいのか」ということを意識しながら、取り組んでいただきました。ストーリーの組み立て方によりプレゼンの効果が全く異なることを実感していただけたと思います。

満足度(NSI値)
85.4ポイント
アンケートコメント

【参加動機について】
・人前で話すのが苦手だったため
・人との会話や上長への説明の際、意図を上手く伝えられるようになるため
・緊張する性格なのでテクニックを学ぶ上で実践形式で参加したかったため

【本日の内容をどのように業務に活かしていきますか】
・業務上の会話などで簡潔に伝えられる様に活かしていきたいです。
・今回教わったテクニックを意識・実践し、プレゼン能力を向上させていきたいです。
・お客様との商談の際に、活かしていきたいと思います。
・日常会話などにもい活かしていきたいです。
・ドックワードをすごく使用していることに気づけたので、気を付けていきたいです。

【研修全体に対する感想・要望】
・基本的なプレゼンテーション技術だと思っていたことができていないことが自覚できた。
・ジェスチャーなど普段あまり意識しない話も聞けてとても有意義だった。
・説明の内容以外にも気を付けるポイントがあることを知った。
・先生の講義は肩ひじ張らずに内容が入ってきて、実践で役立ちそうで良かった。

写真
CIMG1917.JPG
CIMG1938_s.jpg

ワークショップでは限られた時間で意見を出し合い、講座のまとめとして各チームそれぞれ説得力ある発表がありました。

お問い合わせ

上記に関するお申込み/お問い合わせ
JBCC株式会社内
東日本JBCCユーザー会事務局 担当:五百田(いほた)・高野
TEL:03-5714-5261
Email: julink@web.jbcc.co.jp