女性リーダー講演会「ワークとライフ、そして学びの調和」


開催
09/19  
地区
東日本
公開日: 2019年7月31日 09:26

イベント概要

企画担当委員より管理者、上司、働く女性の皆様へ

                              株式会社サザビーリーグ 取締役 上級執行役員 伊藤 敏典

女性活用推進法が施行され、すでに3年が経過しています。経営層の皆様、成果が見える形で出ていますでしょうか?女性スタッフの皆さん、活躍できていると実感できていますでしょうか? 法令を遵守することは、社会の一員としての事業を営む上でたいへん重要なのですが、それ以上に、“女性を活かす”取り組みは、企業の存続にかかわる重要な取り組みとの認識はございますか?このセミナーでは、1)女性自身の意識の変化、心構え、そして2)会社・組織を中心とした環境整備の2つの視点から、今現在取り組んでいる“女性が活躍する取り組み”に対しての課題を提起し、さらに前進させる“きっかけ”を見つけていただくことを意図して、ユーザ会事務局はじめ、関係者のご協力を得ながら企画しました。講師兼モデレーターの原佑理子さんは、“ここだけは譲れない”プライベートポリシーを持ちながら、そして同時に、ご自身のライフステージと将来の社会環境の変化を見極めながら、仕事(ワーク)と生活(ライフ)そして“学び”を絶妙に調和しているロールモデルの代表として、講師をお願いしました。

 また、当セミナーでは、日本で活躍しているアジアの女性3名(タイ、ミャンマー、韓国)をパネリストとして、自国の女性の働き方やアジア人から見た日本女性との意識の違いなどの生の声を聞けるコーナーも準備しています。

 このセミナー受講を通して、日本の女性スタッフにおいては、自身の気持ちの持ち方や心構えが少しでも変わり、そして、会社は、その女性スタッフの意識の変化を受止め、働く環境整備の準備を加速化することを期待しています。

日時

2019年9月19日(木)14:30 ~ 17:00 (14:15より受付開始 

申込期日

2019年9月17日(火)

会場

JBCC株式会社 蒲田事業所 セミナールーム
 〒144-8721 東京都大田区蒲田5-37-1 ニッセイアロマスクエア15F
 TEL(03)5714-5261

 会場へのアクセス

内容

1. 14:30~15:40 講演  講師:原佑理子 氏

2.15:50~17:00 パネルディスカッション

定員

50名(先着順)

ご案内チラシ

★★20190919女性セミナー案内状.pdf

対象

活躍を期待される女性スタッフのみなさん

*女性の部下を持つ経営者、管理者、上司の方もぜひご参加ください。

参加費 会員:無料、 一般:お一人様¥5,000
日時

2019年9月19日(木) 14:30 ~ 17:00

参加人数

13社31名

実施コメント

講演は、講師の原佑理子さんの出産と転職のエピソードから始まりました。仕事をする上では、既婚か未婚か、子どもがいるかいないかは重要ではない、私の「仕事」を見て欲しい、私という個人の能力や仕事の成果を見て欲しいと思ってきたとのこと。
ただし育児をしながら仕事を継続することはとても大変なことなので、ライフステージに合わせてライフとワークと学びの割合を変えればいい。どれかをゼロにしてしまう必要はなく、割合は減らしてもワークも学びもぜひ続けて欲しいというお話でした。
最後は、掴みたいと思ったチャンスは迷わず掴み取れ!という力強いメッセージで締め括られました。

第二部は、日本で働くアジアの女性たちによるパネルディスカッションを行い、モデレータの原さんを含め、韓国、ミャンマー、タイの4か国の女性たちの意見が飛び交いました。なぜ日本で働こうと思ったのか?という最初の問いに対してのそれぞれの答えにはしっかりとした意志が感じられ、早速刺激を受けた方が多かった様子です。日本の女性たちへのメッセージとして、「日本の女性は遠慮しないで!細やかな感性を持つ人が多いのでもっと活躍できるはず!」という意見もありました。

満足度(NSI値) 85.3ポイント

アンケートコメント

(抜粋)

【講演について】
・社会人になってから学ぶことを殆どして来なかったのですが、自分の人生を充実させるために何か始めてみようと思いました。/「学び」について重要性を改めて感じたので積極的に取り組んでいきたいです。/学びをあきらめていたところがあったが、「まだやれるな!」と思えた時間でした。
・自分のキャリアにつ対してずっと考えていたので、原さんをはじめ色々な背景を持つ女性のお話を聞くことが出来て、自分の考え方の幅が広がった。
・4つのワークを意識する考え方が新鮮でした。/4つのワークを意識して私の人生について考えてみます。/今までワークとライフを別々で考えているところがあったので、4つのワークを意識して、自分の人生を改めて考えてみようと思いました。
・自分の可能性や幅を自分で無くしたり狭めたりすることがないようにしたいです。
原さんのお話は共感できる事が多々あり、またチャンスを遠慮している自分にとって刺激になるとても有意義な時間でした。大阪から参加したかいがありました。
・講演を聴いて心が少し楽になりました。女性はアラサーを迎えると嫌でも今後のライフステージのことを考えると思うので良かったです。
・昇進の話をあまり深く考えずに受けてしまったのでこれでよかったのかと思っていましたが、チャンスは掴んでやってみる、ダメならその時はその時というような意見を聞いて前向きになりました。

【パネルディスカッションについて】
・海外人材かつ女性という立場のパネラーの方々の意見が興味深かった。/海外の状況をリアルに知ることができたのでおもしろかった。/国籍や年齢もバラバラな女性の率直な意見を聞けてとても参考になったし、今後の自分の働き方についてあらためて考えるよい機会となった。/同じ女性でありながら異なる様々な生き方や価値観に触れものすごく刺激になりました。
・4名共、とてもしなやかでゆるぎない強さを持っているなと感じました。
・凝り固まった考えを持たず、社会に対して柔軟に対応していける人になりたいと感じました。

【その他要望等】
・女性の意識だけではなく管理職の意識を変えていくセミナーを会社で強制で実施して欲しいと感じました。
・いろんな人のいろんな意見が聞きたかったので参加者の人が話す時間がもっとあってほしかった。ワークショップ形式にしてもよかったかなと思いました。

写真
P9193087_s.jpg P9193115_s.jpg

国際協力の仕事をしながら子育てし
大学院で学ぶ原佑理子さん

パネルディスカッションでは4人の女性が登壇
皆、確固とした意志を持つ素晴らしい女性たちでした

P9193090_s.jpg

部下を持つ男性の方も参加されていました
お問い合わせ

上記に関するお申込み/お問い合わせ
JBCC株式会社内
東日本JBCCユーザー会事務局 担当:川上/高野
TEL:03-5714-5261
Email: julink@web.jbcc.co.jp